薄毛の悩み解消しよう。

どうして起こるのか?

どうして起こるのか?

どうして人間は薄毛になってしまうのか不思議に感じている人も多いかとおもいます。薄毛はだいたい男性も女性も30~35あたりで気づいたり、感じたりすることが多い現象です。男性の場合は30代で髪の毛の弱りを感じ、35歳で明らかに薄くなってきていることを実感するといわれています。
女性の場合は30代よりも45歳以降にそれらの症状を実感する場合が多くなっています。薄毛になってしまう原因はホルモンであり、男性と女性ではホルモンの乱れが訪れる時期がややずれている為に、薄毛問題が発生する時期にもズレが生じているわけなのです。

男性の場合はなんと速い人で10代から薄毛の問題や薄毛治療をしていることもあります。男性の薄毛は男性ホルモンが原因でそれらの症状が出ています。男性ホルモンは成長期をさかいに増加します。この変化があるから男性は男性らしい体つきや顔つきになってくるわけなのです。男性の体の中にも女性ホルモンは少量ですが存在しており、これが薄毛症状が激しくなるのを抑えてくれています。しかし、男性ホルモンの増加量が人よりも多い人の場合は女性ホルモンをけちらして男性ホルモンの効果が出てくる為に薄毛になります。
男性ホルモンには脱毛作用が存在しており、この影響で薄毛が進んでしまうわけなのです。特に30代を超えればストレスが多くなったり、親の介護や家族のことも面倒になってきます。更には体も老化し始めますから男性ホルモンの影響があっても他の細胞がフォローして薄毛になり辛くなっていたのに、そのフォローができなくなってしまうのです。
細胞が弱ってくると男性ホルモンの作用はもろ体に影響するようになってきます。それによって勝手に薄毛の症状は進行してしまうというわけなのです。
中には男性でも一生薄毛治療と無縁の生活を送っているような人もおります。そのような人は比較的毛が薄かったり、なんとなく中性的な印象の人が多いです。これは女性ホルモンの量が普通の男性よりも多いことが原因です。
男性ホルモンの量が人よりも少なければそれによる薄毛の影響も出づらくなりますし、毛が濃い、顔がいかついというように男性ホルモンによって起こる成長変化も鈍くなります。
このあたりの変化は人によって違いますから、一概にはいえません。
しかし、男性ホルモンの作用が強ければ体毛は濃くなります、しかし頭頂部やおでこの髪の毛が激しく薄毛になってしまいます。これを改善するにはホルモン治療だったり、男性ホルモンの影響を抑えるように行動する必要があります。

女性の薄毛も同じく男性ホルモンの影響ですが、少々作用が違います。女性の場合は更年期になり、女性ホルモンを作っている子宮が活動を停止したあたりから薄毛問題が発生する用になっています。
閉経によって女性ホルモンが減少すると、体内にもともとから存在している男性ホルモンの影響が大きくなってしまいます。男性ホルモンの影響が大きくなることによって薄毛は進行してくるようになります。男性は頭頂部やおでこですが、女性の場合は全体的に髪の毛がまばらになってしまいます。
これらの症状を改善する為には、食事を変更したり病院へ相談して更年期障害の改善の為にも女性ホルモンを服用する、ホルモン調整をすることによって改善してくれます。女性よりも男性の方が薄毛治療に関して敏感で難しいのはこのホルモンの作用の違いによる影響だったのです。